愛車の査定 ポイントアドバイス
Top>査定前の予備知識

検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

査定前の予備知識

 出張査定、または買取店での査定を受ける前に、ぜひとも知っておきたい予備知識。これを知っておけば愛車を売るときに得することができるかも。

査定前の準備

洗車・清掃

 査定を受ける前に車をピカピカにする必要はありません。もちろん車がきれいなのに越したことはありませんが、査定というのは評価点をつけることであり、車をキレイに洗っても評価点は変わることはありません。しかし評価をつけやすくするため、最低限洗車することはおすすめします。

 査定は外装だけでなく内装も行います。車内にゴミやタバコの灰が散らかっている場合は印象が悪く見えますので、評価を下げられる可能性があります。また、ペットの毛が散乱している場合もかなりのマイナスになりますので、掃除をしておくに越したことはありません。

 あとは、万が一のトラブルがないように車内に貴重品は置いておかないようにしておきましょう。

書類を揃える

 査定では車検証の記載内容、自賠責保険証の期限、整備手帳の有無の確認も行います。これらを用意していないと正確な値段を出せまさせんので、あらかじめあることを確認をしておきましょう。

査定は早めに

車検切れに注意

 車検切れ間近の場合や書類期限切れ間近でなおかつ書類を再取得できない事情がある場合、査定は金額交渉以前の問題になります。車検が切れてしまうとそれ以降の移動は積載車を使うか仮ナンバーを使うことになり、それだけでもかなりの費用が見込まれます。また名義変更書類の期限が切れそうな場合はすぐに名義変更をする必要があります。このような場合はかなりのマイナス査定になりますし、特に書類がそろわない場合は買取り店によっては断られる場合もあるかもしれません。

 車検や書類期限は、余裕を持っておきましょう。

手放すなら車検は通さない

 車検の切れてしまった車、切れる直前の車は車検がある車よりも査定がマイナスになります。これは車検がある車と比べ、車検残というセールスポイントがないことによる相対的なマイナス分と、車検が切れたら積載車に載せて動かすか仮ナンバーを申請して動かすことになるため、その経費がかかることによる絶対的なマイナス分のためです。車検を取り直せばこのマイナス分がなくなるわけで、当然査定額は上がります。しかし、車検にかかった費用ほど査定額は上がらないのです。

 ですから車検が切れそうになる前に査定を行い、売るように心がけましょう。車検が切れてしまった場合は、切れたままの状態で出張査定を行いましょう。

 車検費用が高いようなら手放すという場合は、ネット車検見積もりという便利な無料サービスがありますから、ネット査定とネット車検見積りの両方の値段を比較するといいでしょう。

商談の注意点

常套手段

 査定してもらった時、「この車、相場は××万円ですが、今ならもう少し上乗せできますよ」と言って来ても信用しないようにしてください。最初に安めの値段を提示して、そこから少しづつ値上げしていき商談をスムーズにまとめる買取店の作戦です。ネット査定を駆使して、こちらも大まかな相場をあらかじめ知っておけば、損をせずにすみます。

 ゴールデンウィークやお盆休みは中古車オークションもお休みです。相場も変わらないので、商談の際の「連休明けになると相場も変わってきます」と言う揺さぶりには反応せず、ゆったり構えましょう。

正月休みもオークションは休みですが、ここだけは休み明けで相場が変わるので注意

契約時の確認点

 契約する時は、再査定の有無、税金の戻り等をよく確認しておきましょう。

 「再査定」とは買取り店が買いとった後に修復歴等を発見した場合、売主に請求できると言うものです。この制度が有るのか無いのかよくよく確認しておきましょう。

 「税金の戻り」とは、自動車税が戻ってくるかどうかの事です。戻ってくるはずのお金が戻って来ないなんて事もありますので、税金の戻りがどうなるのか確認しましょう。

Copyright (C) 2005 sino. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system