愛車の査定 ポイントアドバイス
Top>中古車業界の仕組み

検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

中古車業界の仕組み

 買取業者による査定を行う前に、まず中古車業界の仕組みを把握しましょう。 大まかにでも業界の仕組みを把握することで、査定額の根拠や買取店、査定士の思惑がわかるようになると思います。

新車と中古車、業界の違い

 ディーラー(新車販売)の場合は、主に販売するディーラーとその車のメーカーが業界を構成します。その販売価格は初めから設定されており、価格差は各ディーラーの値引きの差ということになります。

 それに対して、中古車の場合は、中古車販売店、その販売店が展示車を仕入れる中古車オークション、それに車を中古車オークションに出品する買取店、その他にオークションを通さずに独自で買取・販売を行う業者や中古車ディーラーが中古車業界を構成しています。

中古車オークション

 中古車のオークション会場には車を出品する買取店と、入札・落札する販売店が集まります(衛星TV放送やインターネットからの参加もあります)。そして出品側の供給(買い取り車両の質や量)と落札側の需要(販売店の購入客の車種及び価格のニーズ)が、中古車相場を形成するのです。業者間の会話での「相場」とは、このオークション落札相場を示します。

 買取店は最新相場から、それぞれの査定車両をオークションに出品した場合の落札額を予想し、必要経費、必要利潤を計算した上で査定額(買取価格)を決定します。
 販売店はオークションで競りあがる車の値段と相場を比べ、その出品車両を落札すべきかを判断しながら入札します。

 また、自社で販売店を持つ買取店の場合でもオークションを全く利用しないということはなく、販売車両をオークションで仕入れたらいくらになるかを予想し経費、利潤を考慮し、ユーザーから直接仕入れるのです。

中古車買取の「相場」

 このように査定買取額というのはオークションで決まる業者間取引の相場がもとになっており、それぞれの買取店が独自に決めているのではありません。そして、相場の大枠が形成されているうえで買取店ごとの予想の違い、必要経費利潤の違いが出た結果として、買取店、査定士ごとに異なる査定額がはじき出されるのです。

 車を買取査定に出すうえで、これはとても重要なことです。それぞれの買取店が自社の買取システムを色々アピールしていますが、相場自体はオークションできまっている訳ですから、それをベースラインとしたプラス・マイナスにしかならないのです。買取店に高く売るということは、相場というベースラインの中で一番高い金額を見つけることなのです。

Copyright (C) 2005 sino. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system